平成27年 田んぼの学校の稲刈り

0

     一週間延期になった稲刈りはお天気に恵まれました。
     今回の参加者は幼稚園に入る前のお友達や幼稚園生が多く、小学生は4年生と1年生が二人ずつでした。
    興味深々の子どもたちは、鎌を持って穂に群がりすごい勢いで稲刈りが始まりました。刈り取った穂を麻ひもで結ぶ人、麻ひもを運んでくれる小さな御運びさん達。子ども達のこの興味の示し方にママ達は嬉しくてシャッターチャンス!の連続でした。この勢いは30分で終了(笑)
     無農薬・無肥料のこの田には元気な虫達が沢山いました。まさに命のシンフォニーです。子ども達の興味は虫取りに向かいます。そう、言い忘れました、麻ひもも腐敗しいずれ自然に返るものです。この田は全て自然の恵みのものだけで存在しています。
     さて、稲刈りはというと…。もちろんママたちが戦力です(笑)明るく元気な声もだんだんと無言になり、作業に熱中して行きました。
     刈り取りが終わると、いよいよ穂を干す作業です。乾燥機ではなく天日に干すことでお米はさらに甘味を増すのです。そんなお話を伺っているとよだれが…。
    お腹が空いたとあちらこちらで聞かれる中、お昼はさぞや美味しいよ〜!と言いながら作業に興味が戻って来た子供達と共にクライマックスを迎えました。
     みんな大満足の中、干された穂の前で記念撮影をして、お昼を用意してくださっている場所に戻りました。
    お昼はオーガニックのお野菜のオンパレード、そして、シェフの腕の凄さを物語る力作が並び、子供達もママ達も大興奮です。綺麗な色とりどりの人参にかぶりつく子供達、命の恵みをしかと感じてくれていると思います。
     最後に熱烈ママ達のリクエストでオーガニック人参を収穫させていただきました。本当に素敵な1日を過ごさせていただきました。 感謝 片岡律子

    「畑の学校」が開校されました(2013年12月7日)

    0
      9:00 粟倉の新鮮組圃場に集合しました。 1時間目:お話・食農の話、土と野菜栽培
      2時間目:農体験 土に触れる~野菜の間引き。
      3時間目:東側圃場に移動して「キクイモ」の収穫体験(スコップ、くわで掘り出したキクイモを1人、1袋ずつ持帰りました。
      4時間目:お待ちかねの餅つき大会、もち米は白糸小池農場よりの寄付でした。
      蒸して、搗いて、大忙し!搗きたての餅を、あんこ、きな粉、畑の大根でおろし餅、にして皆で試食、大地の恵みを頂きました。この後、抽選で(幼児はぼ全員に)おもちゃをプレゼント! 11:30過ぎに終了、解散しました。

      いのちと食を考える集い6 開催します!

      0
        恒例となりました「いのちと食を考える集い」、今年も10月6日(日)に
        富士宮市田貫湖畔の日本大学富士自然教育センターで開催します。

        盛りだくさんの体験・イベントでお待ちしています。入場無料です。
         



        ホタルの学校 参加者募集!

        0
          ホタルの学校 参加者募集!

          ★毎年開催しています「ホタルの学校」。今年もホタル研究者の小俣軍平先生をお迎えして、富士山周辺のホタルの特徴、まだ不明な部分が多いホタルの生態や生息環境など、やさしく、熱く、お話しいただきます。

          ★日時 平成25年7月6日(土) 19:00〜21:00(講義1時間 観察1時間)

          ★場所 天子の森キャンプ場(静岡県富士宮市佐折631)

          ★参加費 1人500円(当日申し受けます)

          ★持ち物 歩きやすい格好(林道等を歩きます)、雨具、長靴(あれば)

          ★参加ご希望の方は、7月1日までにFAXまたはメールで下記へお申込み下さい(定員20名)。お子様は、保護者と一緒にご参加ください。

          FAX   0545-53-6627(小櫛)
          メール kazuko.1030@nifty.com
          (参加者全員のお名前と年齢、代表者の連絡先 を記入してください)

          ★昨年の様子はこのブログに載っています。

          田んぼの学校 『田植え〜御褒美ごはん 完結編』

          0

            それでは  『田植え〜御褒美ごはん 完結編』 

            まずは 3人娘。(左・小池夫人 中・私 右・野菜ソムリエ天野友江ちゃん)


            ベテランの小池さんに比べ、初心者の二人 やはり服装がコスプレ?
            コチラ側はチーム大人。小池先生、大学生、ZAPPAオーナー森岡さんも参加です。
            小さな監督が腰に手を当て大人たちを見守ります。


            で、こちらが チーム子供。 泥の感触が楽しくて動き回り過ぎ。


            すぐに こうなります。(笑) 「元の位置に戻ってくださーい」


            そうそう植える苗がなくなれば「お願いしまーす」「いくよー」と投げてもらいます。
            どんどん進んでいくので投げる方も「おりゃー」ってなります。


            ちなみに、ここに写ってるお母様、お父様方も のちに田植えに参加です、(笑)。
            観てるより やった方が楽しいよね。

            10時にはじめて12時半に終了でした。

            もちろん、これで終わりじゃないですよ☆
            小池家特製 美味しい農家ご飯が待ってます!!


             
            玄米おにぎりや、あかねファームの無農薬野菜をシェフが用意してくれました。富士宮といえばの焼きそばも忘れていません。 
            『同じ釜の飯を食う』って言いますよね。みんなで田植えしてご飯を食べて笑って語って。。
            小池さんの御家族に感謝です。 あーーーー、楽しかった!! 

             

            おまけ☆ お腹一杯になった子供たちはその後 自然の中で色々学んだようです。
            用水路で遊んだり、滝に打たれたり、ヘビをつかまえたり、カエルを捕まえたり、田んぼのあぜ道を探検したり。    
            『街なかっ子、野生に帰る。』





            田んぼの学校 『田植え編』

            0

              それでは いよいよ 『 田植え編 』
              この方がお世話に立ってる小池 猛さん(通称 たけちゃん)。
              おおらかで人が集まる人格者。 ピンクのシャツがお似合いです。


              苗たち、こんなに立派に成長しています。今年は 『 コシヒカリ 』 と 『 もちごめ 』です。


              ではでは、育苗プールから運びますよ。
              根がしっかり張っているので一か所あたり苗4,5本に手で裂いて植えていくのです。


              軽トラックにジャンジャン積みます。 息子よ、働くのだぁ。


              森の小道を抜けまして、じゃじゃーん☆ 田んぼです!!


              それでは 小池さんからレクチャーです。皆さん、ロープがみえますか??
              まっすぐに植えるために横一列になり、緑の目印へ植えていきますよ。


              準備はOK? 私も田んぼに入ります。 (取材、写真記録 放棄。カメラを友達に託す。)
              わたしの記念すべき 第一投!! ・・・・なんちゅうへっぴり腰。
              もっとイケてると思ってたのに、残念すぎ。


              さあさあ、こんな調子で終わるのか。 長くなりますので 次回へ続く。


              田んぼの学校 『大人も子供もみんなで田植え 2013』

              0

                田植えの記録  愨膺佑盪匐,發澆鵑覆播朕△─。横娃隠魁

                富士山と田植え。こんな贅沢ってある??(写真はあかねファームのあかねちゃんが撮影)



                5月25日 富士宮市白糸地区にて 田植えをしてきましたよ。
                先日 お伝えしたこのイベント。大勢の方が参加してくださり 嬉しい限り。
                子供の体験する姿を収めようとビデオやカメラ片手に撮影されるお母さん、お父さん。
                ひとしきり撮影が終わったであろうタイミングで 『一緒にやりませんかーー?!』 とお誘いしてみました。 
                ほら、 【 大人も子供も・・ 】 って書きましたよね(笑) 私ばかり完全防備の田植えスタイルで申し訳ないのですが、 
                子供達の『 そうだよ、一緒にやろうよー!』 の笑顔に なんだかんだと 参加してくださいました。
                どのご家庭も 子供の着替えしか持ってきていないので ひやひやしたり やっぱり泥にまみれたり(笑)。 
                それでも初めての体験だったようで 大人も子供も 笑ってばかりの田植え体験でした。

                今回 このような体験の場を提供してくださった 小池さんご一家。
                FBでは 今回の田植え体験までの 苗の生育状況や準備の様子を日々 投稿してくださいました。
                本当は 田植えが始まりではなくて ここまでの過程があることも 知ってもらえたら。
                小池さんにお話をさせていただき 今回 画像をお借りしながら 記録として載せていこうと思います。

                長くなりますので すこしずつ。。


                田植えの記録◆ 悗海匹發燭舛悄田植えの前の記録』

                田植えの当日。田植えに精をだす子供たちが 何度も叫んでいた言葉。
                『 終わっちゃったー。田んぼのアレ とってー。 』
                子供たちよ、アレじゃないですよー。大人たちは思わず笑っちゃいました。
                そのアレの生育記録です。(笑) 
                (画像すべて小池さんよりお借りしました。)


                4月22日 (田植えの一か月ほど前)
                種もみを昭和酵素hi-s1000倍液につける。酵素でコーティングするそうです。その後 水につける。


                4月27日 種もみを育苗箱にまく作業。常葉大学池田先生と地球環境科学科の学生さんがお手伝い。


                5月10日 種もみまきから 2週間。


                5月13日 プール育苗 開始。暑い日には苗が伸びすぎないように開放して風を入れる。


                5月16日 全面開放。板を乗せて苗をきたえている所。


                5月18日 田んぼの準備。畦作り。その後 田んぼに水を入れる。


                そのころ・・   育苗プールの住人。


                5月20日 田植えの準備。土手の草刈り。代かき。


                そうして ようやく 5月25日の田植えになるのです。

                当日は 盛りだくさんの内容ですので これまた 次回に 書かせてください。


                あけましておめでとうございます

                0
                   あけましておめでとうございます

                  昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
                  本年も会員一同、皆様にご満足頂ける食農体験活動やイベントを御提供し、
                  食の大切さ・命の大切さを感じていただける場を御提供できるように心がける
                  所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、
                  お願い申し上げます。
                  皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り致します。
                  本年もふじ食農体験交流協議会を、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
                  皆様の一年が実りのある年になりますように。


                  第3回 畑の学校が開催されました

                  0
                     12月1日に新鮮組さんの畑を会場として畑の学校が開催されました。

                    畑の土や作物の上手な作り方などについて学びます。

                    農場に出て様々な作物を見ていきます。

                    新鮮組さんの説明を聞きながら歩きました。子どもも興味深々。

                    白菜畑やエシャロット畑を見学したら・・・

                    紅芋の収穫体験!ゴロゴロとおおきな紅芋が獲れます。

                    ついでに白菜の収穫体験もしてみたり・・・。

                    おまちかねの餅つき。大人がついた後、子ども達も体験。

                    重たい杵を一生懸命持ち上げます。女性もがんばりました。

                    その後は、新鮮組の皆さんが用意してくれたあんこやきな粉をつけて
                    お餅を美味しくいただきました。

                    途中雹に降られて冷たく寒い体験もできるなど、自然に触れるには丁度よい日でした。
                    雹が降る前は気温が急に下がるんですね。
                    子どもから大人でほっこりと過ごせる畑の学校でした。


                    ■この事業は「静岡ガス株式会社提供ふるさと食育事業」の寄付を受け運営しています。■

                    田んぼの学校が開催されました。

                    0
                       10月21日に田んぼの学校が開催されました。











                      参加していただいた皆様お疲れ様でした。

                      この事業は「静岡ガス株式会社提供ふるさと食育事業」の寄付を受け運営しています。■